概要

団体概要

法人の名称 NPO法人メビウス
代表者 理事長 佐藤 義彦
所在地 秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字本町30
連絡先 0183-62-0777
法人の名称
県央拠点

〒010-1606

秋田市新屋寿町7-48

 

青森拠点

 

青森県八戸市南郷区泥障作字西山 2-4

会員数    

2013年9月30日現在

正会員 18名(個人会員14名 法人会員4社)

理事11名 監事2名

 

 

活動概要

<活動地域>

秋田県内とその周辺地域

 

<設立目的>

豊かな自然環境に恵まれた、農山村地域を対象とし、誰もが安心・安全で「生き生き」と暮らせる持続可能な地域社会をつくるために、住民を巻き込んだ活動を行っていくことで、少子高齢化をはじめ、教育、文化、福祉、環境、産業、地域資源の保全、地域交通、消費者保護、都市農村交流などの諸問題に対し、専門知識を持つ個人や市民団体、行政等と連携を図りながら、使命感を持って、地域の眠っている資源を活かした「まちづくり事業」を行い、公益に寄与することを目的とする。

 

<活動内容>
  • 耕作放棄地や休耕田の解消と寒冷地域における二毛作による土地有効利用の可能性を検証し農業後継者の育成を目的として、小学校児童や高校生らと連携し油脂作物を作付、収穫、搾油し使用した後、廃棄物の有効利用まで考える活動を実践中。
  • 脱石油の視点から老人介護施設や温泉入浴施設、熱利用農業施設などへ利用可能な資源循環型燃料と経済性のとれるボイラーの選定と提供システムの仕組みを提案し採用。
  • 災害ボランテアのコーディネ―タ―資格を取得、3.11東北地方大地震の太平洋側被災地へ出向き、羽後町商工会女性部・羽後町工業クラブ・高齢者支援団体「福寿草の会」と連携して、100名単位での炊き出しや支援物資供給、避難住宅の清掃・移動ボランテア支援を行った。
  • 平成22年度・23年度「湯沢雄勝定住圏自立支援構想」、策定委員に任命されました。
  • 高瀬ケアセンターに於ける、「地域熱エネルギー供給協議会」の実証事業継続(H24.10~)
  • 農林水産省公募事業「緑と水の環境技術革命プロジェクト」㈱工藤
    「未利用バイオマス資源からの高効率水素製造技術の事業化可能性調査」検討委員委嘱(H24.6~H25.3)
  • 東日本大震災、被災地岩手県・野田村「製塩副生物の有効活用」提案採択(H24.10~)
  • 薬用植物栽培研究会へ入会(生薬の有効成分抽出に関わる加工調製技術研究のため) (H24.10~)
  • 東日本大震災から2年半、被災地岩手県・山田町「牡蠣殻の有効活用」支援事業 (H25.7~)
  • 総務省 H25~H27湯沢雄勝地域定住圏自立支援構想策定員委嘱(H25.5~H27.3)
  • 農林水産省公募事業「緑と水の環境技術革命プロジェクト」㈱工藤
    「農業廃棄物からの水素製造と残渣物の利活用」で新技術実証が採択、実証委員委嘱 (H25.9~)
  • H25年度地域循環型バイオガスシステム構築モデル事業申請、事務局長委嘱(H25.9~)
  • 薬草栽培・薬用原料に於ける、加工調製技術研究と普及拡大活動 (H25.7~)
  • 電磁誘導加熱水蒸気を用いた、可能性研究事業(H24.8~)
  • 地域未利用資源を用いた地域エネルギー発電と産業育成に係る事業(H25.9~)
  • 生物多様性を鑑みた、環境保全づくり事業(足田堤・農業用水保全)(H25.9~)
活動地域

負けるな

東北農林水産家

一人じゃないよ

更新情報

2013.10.10

トップページ更新

三陸牡蠣殻有効活用推進地域協議会を追加

2013.10.7

トップページ更新

2013.10.7

トップページ更新

2013.10.2

トップページ更新

活動レポート/被災地支援を更新

団体概要構成員名簿を更新

 

 

 

 

最終更新日

2013/10/10