水素

イデックスエコエナジー(株)視察

 原子力発電所の停止により、火力発電で電力需要を賄っていますが、円安による燃料価格の上昇などから電気料金も上がりますし、自動車用燃料、暖房用燃料も価格が上昇してますね。
 このような背景の中、注目しているのが「水素」です。
福岡県大牟田市のイデックスエコエナジー(株)は木質バイオマス15t/日から「水素」を製造できる施設として、実証試験に入っており、視察に伺いました。施設始動には燃料を使いますが、安定運転時には自立型で運転できるそうです。3段式で予熱器・改質器・熱分解器を熱媒体が移動しながら、熱分解器で木チップ原料を投入し改質器でガスを取り出し、高純度水素と副生ガスに分け、副生ガスやチャーは回収し施設で利用するプロセスでした。このプラントは熱媒体でタール問題を克服している点が特徴でした。
日欧米の国が水素社会に向けて足並みが一致している点は、世界の名だたる自動車メーカーが水素自動車開発に向け、連携していく報道がされた事で、理解出来ますし、企業の参入で加速して行くでしょうね。
  また、家庭用給湯器の燃料であるLPGや灯油を改質し電気を作る○○○もSOFC(電力負荷追従型)になり熱を捨てても発電優先の2世代目に入っている事から、水素利用は身近になって行く事でしょう。
 今後、規制が緩和され解り易い利用が出来る事を希望し、東北の寒冷地域で水素製造と利用が出来ると良いです。

負けるな

東北農林水産家

一人じゃないよ

更新情報

2013.10.10

トップページ更新

三陸牡蠣殻有効活用推進地域協議会を追加

2013.10.7

トップページ更新

2013.10.7

トップページ更新

2013.10.2

トップページ更新

活動レポート/被災地支援を更新

団体概要構成員名簿を更新

 

 

 

 

最終更新日

2013/10/10