活動レポート : 資源・リサイクル

三陸牡蠣殻有効活用推進地域協議会

 
2013年10月5日
第1回「三陸牡蠣殻有効活用推進地域協議会」会議
 
9月14日に山田町の水産業に係る課題解決の為、下記(文章1)ご提案し、
山田町有志と共に23日設立した「三陸牡蠣殻有効活用推進地域協議会」に
賛同者が増えましたので、10月5日に第1回会議を開催し、11月頃から始まる牡蠣出荷の手順をご紹介します。
文章1
牡蠣殻地域協議会の案内、別紙1承諾書.pdf
PDFファイル 136.0 KB
131005牡蠣殻有効活用推進地域協議会第1回会議
131005牡蠣殻有効活用推進地域協議会第1回会議
 
上段左より野田、福士、鈴木、
竹内監事、佐々木、佐藤事務局長、
下段左より野田、佐々木監事、湊会長、会員予定者

 

震災前は湾内に処理する場所が3か所程度ありましたが、震災後は無い状態ですので、本格的な生産体制が整いますと、大きな課題になります。

また、海への投棄は全国的に、取締りが強化されている現状です。

牡蠣殻置き場は生産量が増すにつれ、周辺環境への影響が心配されます。
(害虫の発生や臭い等)
131005三陸山田廃牡蠣殻1
131005三陸山田廃牡蠣殻1
131005三陸山田廃牡蠣殻3
131005三陸山田廃牡蠣殻3
131005三陸山田廃牡蠣殻2
131005三陸山田廃牡蠣殻2
131005三陸山田廃牡蠣殻4
131005三陸山田廃牡蠣殻4

 

他の貝も牡蠣殻と共にあるのが解ります。

131005三陸山田廃牡蠣殻5
131005三陸山田廃牡蠣殻5

 

素晴らしい景色の山田湾へ佐々木副会長の牡蠣養殖棚へ船で向かいました。

穏やかで透明度の高い山田湾です。

131006牡蠣棚1
131006牡蠣棚1
131006牡蠣棚2
131006牡蠣棚2

 

水揚げ手順を佐々木副会長が実演してくれました。

131006牡蠣収穫手順1
131006牡蠣収穫手順1
131006牡蠣収穫手順3
131006牡蠣収穫手順3
131006牡蠣収穫手順5
131006牡蠣収穫手順5
131006牡蠣収穫手順2
131006牡蠣収穫手順2
131006牡蠣収穫手順4
131006牡蠣収穫手順4
131006牡蠣収穫手順6
131006牡蠣収穫手順6

 

船から巻き取り機(クレーン)で棚から下げた養殖ロープを引き上げますが、牡蠣には付着物として海綿類、海藻、他の貝類2種、住処としているエビ、

カニ、小魚が一緒に揚げられます。

131006牡蠣養殖付着貝
131006牡蠣養殖付着貝

この原料状態から有効活用先と加工作業工程・経済性を検証していきます。

負けるな

東北農林水産家

一人じゃないよ

更新情報

2013.10.10

トップページ更新

三陸牡蠣殻有効活用推進地域協議会を追加

2013.10.7

トップページ更新

2013.10.7

トップページ更新

2013.10.2

トップページ更新

活動レポート/被災地支援を更新

団体概要構成員名簿を更新

 

 

 

 

最終更新日

2013/10/10